FANDOM



プロパティリスト(property list)は、Mac OS X CocoaNeXTSTEPGNUstepなどで利用されるオブジェクトシリアライゼーションのためのファイルである。また、 .plist という拡張子をもつので、plistファイルと呼ばれることが多い。

プロパティリストは NSPropertyListSerialization クラスによってパースされる。プロパティリストが含むことができるのは、FoundationまたはCore Foundationのオブジェクトのみである。プロパティリスト全体は配列(NSArray)または連想配列(NSDictionary)でなければならない。

実用では、OSやアプリケーションのユーザーの設定を保存するのによく使われる。これはWindowsにおける.iniファイルやレジストリと似た使い方である。また、プロパティリストはバンドルの情報を格納するためにも用いられ、以前のMac OSではリソースフォークが近い用途に用いられていた。

表現形式 編集

プロパティリストが表現するデータは抽象的なもので、永続化のためのファイルフォーマットは固定されてはいない。元々、NeXTSTEPでは1つのフォーマットが使われていたが、その後のGNUstepやMac OS Xのフレームワークで異なるフォーマットが誕生した。

NeXTSTEP 編集

NeXTSTEPにおいては、プロパティリストはヒューマンリーダブルなフォーマットとして設計され、人間が手で編集し、プログラミング言語風の構文をもつASCIIテキストにシリアライズされた。

文字列(NSString)は、

"This is a plist string"

バイナリデータ(NSData)は十六進表記で、

< 54637374 696D67 >

配列は、

( "one", "two", "three" )

連想配列は、

{
    "key" = "value";
    ...
}

と表記する。

このオリジナルのプロパティリストには制限があり、NSValue(数値、真偽値など)のオブジェクトは表現できなかった。

GNUstep 編集

GNUstepはNeXTSTEPのフォーマットを採用し、いくつかの拡張を施した。

  • NSValueをサポートした。<*INNN>NNNが数値)のように表記する。
  • NSDate(時刻)をサポートした。<*DYYYY-MM-DD HH:MM:SS timezone>のように表記する。

GNUstepはまた、後述するMac OS Xのフォーマットも読み書きすることができる。(defaults)

  • GNUstepに付属するツールにplgetなどがある。
$ cat com.example.app.plist | plget key
$ cat com.example.app.plist | plget key | plget key

のようにすることでplist内の階層化されたキーに対応する値が取得できる。

Mac OS X 編集

Mac OS XはNeXTSTEPのフォーマットも扱うことができるが、アップルは別に2つの新しいフォーマットを開発した。

Mac OS X 10.0では、NeXTSTEPのフォーマットは非推奨とされ、アップルが定義したDTD [1] を持つ、新しいXMLフォーマットが登場した。

しかし、XMLは空間効率に問題があるため、10.2で新しいバイナリフォーマットが登場した。これは10.4以降のデフォルトのフォーマットとなった。

10.2以降で利用できるplutilユーティリティを使うと、プロパティリストの文法チェックや、フォーマット間の変換が可能となる。

.plistはMacOS Xの他、iPod Touch、iPad、iPhoneでも使われてるので、これらをWindows機に繋いで使ってる場合は、Windowsユーザーも.plistと無縁ではない。このため、Windowsにも.plistを編集するソフトが存在する。

MacOS XのXMLフォーマットで使われるタグと、それに対応するFoundationのクラスを示す。ルート要素は<plist>である。また、GNUstepのフォーマットとは多少違いがある。

クラス名 XMLタグ
NSString <string>
NSNumber <real>, <integer>,
<true />, or <false />
NSDate <date>
NSData <data>
NSArray <array>
NSDictionary <dict>

<dict>の中身は

 <dict>
   <key>key</key>
   <string>value</string>
 </dict>

のように記述する。

その他編集

MacintoshPhotoshop、及びPhotoshop Elementsで「別名で保存」で作成されたpsdjpegtiffにも、「com.apple.print.ticket.creator」という文字列を含む異様に長いxmpメタデータ(7kb程)が付加され、これもプロパティリストとみられる(Windows版では付加されない)。この画像を含むページ(画像掲示板ブログのサムネイル画像、TwitterFacebook等のアイコン用画像に多い)をInternet Explorer5.5(Windows)で読み込もうとすると、それ以降、どのページを開いても(再起動するまで)画像が表示されない、という不具合を引き起こす(6.0以降では起きない)。尚、「Web用に保存」「ImageReadyから保存」を行なうとメタデータが極最小限となる(「Adobe」「Ducky」という文字列を含む短いメタデータ)。

ImageOptim(Macintosh用フリーソフト)を使うと、その様なメタデータを削除し、画質を劣化させずに画像データを軽量化・最適化する(gif、pngにも有効)。特に、TwitterやFacebook用にPhotoshopPhotoshop Elementsで「別名で保存」で作ったアイコン用画像に対して実行するとデータが驚くほど小さく、軽くなる。デジタルカメラ携帯電話スマートフォンで撮影した画像をPC経由でネットに公開する場合にも、これを使うとデータが若干(サイトが自動作成するサムネイル画像は大幅に)軽くなる。又、メタデータが原因の不具合も回避される。

関連項目編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、プロパティリストにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Uikipediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、CC3.0-BY-SAで提供されています。


テンプレート:Mac OS Xde:Property List en:Property list fr:Liste de propriétés it:Plist ko:프로퍼티 리스트 zh:Plist